日々精進

手越くんのために輝くladyになりたい

ジャニヲタって怖い(前編)

ネバーランド初日まであと何日?!あと何日だ?!とりあえずあと数日だね?!死んだ!!

ひええええ!!!!私生きて戻って来れるかな…いや戻れなくていい…なんならネバーランドに永住したい…

 

そんなこんなで楽しみに胸を躍らせつつツアーのために毎日のようにアルバイト頑張ってるわけですが、そのアルバイト先の先輩が最近ジャニーズWESTとやらに落ちまして!バイト先にジャニヲタさん一人もいなかったからなんともおめでたいことだ!ってバイト終わり廃棄のケーキで勝手にお祝いしたんですけど。(廃棄かよって文句は受け付けてません)

 

タイトル見た方は何がジャニヲタ怖いだよ。むしろ喜んでんじゃねえか!ってなってるかもしれないんですけど、この先輩がまあ恐ろしい!

 

身の回りにWEST担がいないからなのか私に半端ねえ重岡くんをゴリ押ししてきます。現在進行形で!

そのやり口が本当怖いんです。

まず、毎日決まった時間に「今日の重岡」というわけわからん題をつけて重岡くんの写真を送ってきます。

ちなみに今日はこれ

f:id:ayk_clairciel223:20170325031001j:image

助けてくれよ。誰か私を助けてくれよ。

 

このエントリーを書くまでの約3ヶ月?くらい?毎日送られてくんの。毎日だよ?!怖くない?!どんだけだよ!!

 

でも私最近気づいたんです。重岡くんてNEWSの曲にベストマッチするなって。

だから今日はそれを書くぞ!前振りめっちゃ長くなったけど気にしない!

 

あと最初に言っておくんですけど、これはあくまで手越担から見た重岡くんのイメージなのでこんなの重岡くんじゃない!!っていうアレはポイッでお願いします♡

 

その1:重岡・君がいた夏・大毅

 

君がいたあの夏

恋をした季節もう二度と戻らない空

二人は別々の道を歩き出す

f:id:ayk_clairciel223:20170325194003j:image

私の中で夏が似合うジャニーズナンバーワンの重岡くんなのでこの曲はマストです。

これは〜、クラスメイト兼補習仲間の重岡くんと夏休みの補習帰り、二人でコンビニ寄って半分こできるアイス買って。

重岡くんの自転車で二人乗りしながら海まで行く!重岡くんと海行きたい!重岡くんの後ろ乗って!重岡くんの肩に手置きながら二人乗り中に立ち上がって風を感じたい!「落ちても知らんぞ!笑」って言われたい!

うーーーーん、そうだなーじゃあ重岡くんは大阪からの転校生ってことにしよ!(無理やり)

そんで二人で浜辺にある階段に座っていろんなしょうもない話しながら笑いあって、急に進路の話になるんです。

「お前は卒業した後どうするん?」

「私は普通にこっちの大学に進学するよ。しげは?」

「……俺は大阪戻る。叶えたい夢があんねん」

って真っ直ぐ海を見つめながら力強く語るしげをみて切なくなりたい。

卒業したら離れ離れになっちゃうんです。

まさに二人は別々の道を歩き出す。ひえー!ナンテコッタ!

 

密かに片思いしてた私は胸がぎゅうって苦しくなる。卒業したらもうこんな風に気軽に会ったりできないのかって。付き合ってないから、行かないでとも言えず、告白する勇気も持ち合わせていない私は「そうなんだ…」としか言えない。

 

そして、そのまま告白できず卒業して何年かたった後に何気なく見たテレビで私は見つけてしまうんです………アイドルという夢を叶えた彼を………うえーーーーーーーーーん!!!!

 

重岡くんてなんでしょうね?存在自体が甘酸っぱいですよね。こんな人と学生時代青春したかった!っていうのが全て詰め込まれてる感じがします。

あとすごいな!って思うのは重岡くんて、年下設定でも、普通に仲のいいクラスメイト設定でも、幼馴染設定でも、先輩設定でも、同期設定でもなんでもしっくりくるところね!こんなに妄想に適した男の子いるんだね!びっくり!

私の地元は海ないから土手二人乗りして帰るか、重岡くんと自転車押しながら帰りたいなー!

ありきたりな妄想しかできない自分の頭を恨む。

 

その2:重岡・恋祭り・大毅

 

蝉時雨増した夕暮れ浴衣姿君を見た

普段とは違う君のせいで火が灯された

f:id:ayk_clairciel223:20170326183855j:plain

私、めちゃくちゃ浴衣とか着物とかとにかく和服に弱くて!!!!和服とイケメンは世界を救うって結構本気で思ってるんで!!!!

重岡くんて本当どこまでも夏が似合う。とことん夏が似合う。ヨッ!夏男!

 

重岡くんと毎年地元の神社で開催される小さな花火大会行きてー!お祭りのチラシが掲示板に貼られた辺りから急にソワソワして何か言いたそうな顔してこっちを見てくる重岡くんを不審に思って話しかけてー!

「あのさ、さっきからチラチラ見てるけどなに?」

「エッ?!…いやぁ〜そのぉ〜あの、さ、来週の日曜日とか…空いてたりせえへん?」

「日曜日?空いてるけど」

「なら花火、一緒に見ようや」

 

重岡くんからのありがたーーーーーーーーい誘いを受けて花火大会当日。浴衣に身を包んで重岡くんを待つ。

べつに気合い入れてきたとかじゃないし、お母さんに着てけって言われたから着て来ただけだし。って訳わからない誰に向けてでもない言い訳をしながら待つ。

 

2、3分してから「おーい!」って重岡くんの声がするから振り向くといつも見ている制服姿とは違う、浴衣を着た大人っぽい重岡くんがニッコニコしながらブンブン手振っててドキッとするよね。するよね?!!!

「ごめん、おかんが浴衣着てけってうるさくて…遅れてもうた。」って言ってから私をまじまじ見て、ほんのり顔を赤くしながら「あ〜その〜、浴衣?かわええんやない?似合っとる」って突然爆弾落としてくるからこっちまで恥ずかしくなっちゃう。やめてよね!もう!(>_<)

だから負けじと(?)「しげも似合ってる。かっこいいよ」って言わせろ。

 

その後花火まで時間あるし屋台とか見て時間潰そうってことになるんだけど、そこで遅れた罰としてなにか奢ってってねだる。

そしたら「はぁ?!2、3分やんけ!」とかぶつぶつ言いつつ結局あれ食べたい!って言うと全部買ってくれるの(泣)かっこいい(泣)

あと金魚すくいとか射的とかヨーヨーすくいとか全部本気で勝負したい。

金魚すくいのおっちゃんに元気なカップルやなー!って笑われてカップル?!ってなりたい。

 

いっぱい遊んで、あんまり人がいない穴場的な場所で花火が始まるのを待つ@たこ焼きを半分こしながら

「ほんまお前のせいで財布すっからかんやで」

「遅れたのが悪い」

「下駄歩きづらいねん」

「言い訳は聞きたくありません」

こういうしょうもないけど楽しい会話ずっとしてたいな〜!幸せだな〜!

 

なんとなく無言になってなんかお互い気まずくてソワソワしちゃう。

「あー…なんかあれやな。今日晴れてよかったな!」ってあからさまに頑張って話しかけてくるのがおかしくて笑うと、なに笑うてんねん!って顔赤くして、ちょっと拗ね気味に言ってくるのが可愛い〜♡

そしたら急に真顔になって

「あんさぁ…ずっと言いたかったんやけど、俺お前のこと」って言いかけた時に花火上がるよね〜!ベッタベタにベタなやつね!

でもさ、口の動きだけでわかるじゃんそういうのって。あ、すきって言ったって。知らんけど。

でもその場では聞こえなかったふりしとこ!な!

 

花火の帰り家まで送ってくれる重岡くん。

帰り道さっきのことがなかったかのように話しかけてくるからせっかくのチャンスだし?!自分から切り出すぞ!!オー!!

「そんでさあ」

「ねえ」

「ん?」

「私も、好きだよ。しげのこと」

「…ハッ?!ちょお待って?!えっ、ほんまに?」

「ほんまに」

「お前あんとき聞こえてなかったんとちゃうんか」

「聞こえないふりしてみた」

「なんやねんそれ!笑」

はぁ〜ありえへん…って盛大なため息つきながらその場にしゃがみこむ重岡くんはそれはそれは可愛いことでしょうね!サイコー!

 

あれ?恋祭りって重岡くんのテーマソング?って思ったけど私は君がいた夏ベスト・オブ・重岡テーマソング大賞2017に推したいです。

 

えー恋祭りめっちゃ長い!(笑)でも完全に自己満だから!知らん!

 

本当はもっと書きたかったけど後半に持ち越そ…